業務の流れ

01|ご相談・お問合せ

メールやサイト内フォーム、お電話でお気軽にお問合せください。

02|面談

オフィスにお越しいただき、弊社の設計事例や業務の流れ、総予算の考え方などご説明させていただきます。

03|ヒアリング

建主様のご要望に加え、ご予算や建築やライフスタイルについてのイメージについて話し合います。

04|現地調査

計画を進めるにあたっての法律や環境条件を調査分析いたします。

05|基本プランニング

ヒアリング時にいただいた要望と敷地調査によるデータを整理し、初期設計案を作成致します。

06|プレゼンテーション

敷地調査・ヒアリングをもとに考えた平面プランを作成し、実際に建築可能なヴォリュームや仕上の範囲を決めた上で設計案を提出し、プレゼンテーションを行ます。
第1回目のプレゼンテーションの内容から弊社と共に計画を進めていただけるか判断ください。
※お断りされる場合は提出物の全てを返却願います。

07|仮契約(重要事項説明)

建築士法に基づいて、設計監理契約に先立ち契約に関する ” 重要事項説明 ” を建主に対して行います。
重要事項説明書には、作成する設計図書の内容、工事監理業務の報告方法、報酬額(設計料・監理料)とその支払時期、契約の解除方法や特約などが記載されています。
(※重要事項説明は契約ではありません。)

08|基本プランの修正・調整

先ずは平面プランの提出とヒアリングを何度も繰り返し、納得のできる内容に仕上がるまで詰めます。
このプロセスを繰り返すことで建主と設計者とのイメージの摺合せを行い、より満足度の高いプランへと作り上げていきます。

09|基本設計

概ね決定された平面プランを基に、より具体的かつ詳細な内容の検討を行い、仕上げ・構造・照明器具や衛生設備機器などの設備計画の基本方針を決め、より詳細な図面と模型により具体的な形にしていきます。
この段階で立体的なイメージを建主様につかんでいただきます。
この期間内に敷地の地盤調査を並行して行っていただきます。

10|設計・監理契約

弊社を計画のパートナーとお考えいただけた場合、建主様と弊社との間で ” 設計契約 ” を取り交わします。
( ” 設計監理業務委託契約 ” と呼びます。)

11|実施設計

決定した基本設計を元に構造設計、設備設計、外構設計も同時に行い、見積りに必要な詳細図面を作成していきます。
必要に応じてカーテンやテーブル、椅子などのインテリアの提案も行います。

12|見積依頼・各種申請手続き

実施設計の承認をいただいたあと、建設会社や工務店に工事見積を依頼します。
一社だけの特命の場合や、複数による競争入札により決定する場合などがありますが、いずれの場合も見積もり内容を十分検討したうえで施工業者の決定を行います。
提出された見積書を比較し、内容のチェック・金額の調整・内容の変更等を行います。金額と設計内容がほぼ決定した後、計画地を管轄する行政機関に対して建築行為を行うための各種申請手続きを行います。
これら手続きの代表的なもの建築確認申請があります。
( 建築確認申請手数料(行政への公納金)は別途です。)
計画する建築物の用途・規模・計画地によって、審査期間や手続きが異なります

13|施工会社選定・工事請負契約

弊社立会いの元、建主様と施工会社との間で工期・支払い条件・瑕疵保証などの重要事項を取り決め、建主様と施工会社様の間で工事契約を取り交わしていただきます。

14|着工・工事監理

工事契約が終わり、確認申請許可がおりますといよいよ着工となります。弊社と監理契約を行っている場合、工事監理業務を行います。
工事監理とは、工事が設計図書の通り行われているかを確認し、問題があれば是正するよう指示することをいいます。
そのほか、色のアドバイスや設計図書では記しきれない詳細な部分の決定、建主様の代行として正しく工事が行われているかを定期的に検査及びチェックをし、問題があれば是正指示をします。

15|完成・検査・引渡し

是正工事が完了したことを確認し、所轄行政庁からの完了検査済証を受け取り、施行会社の引き渡し書を受け取って完成・引渡しとなります。

16|アフターメンテナンス

引き渡しによって設計監理業務は完了となりますが、新築工事であれば1年後及び2年後に経年検査を行います。
そのあとも必要に応じて定期的なメンテナンスの為に点検を行います。

閉じる